Explore History(海上活動), DISCOVERY JOURNEY

メッセンジャー
MESSENGER

 

RETURN TO TRADITION

海上活動、建築と集落、親子探索、地質生態といったテーマで自身が企画する、深く掘り下げて興味尽きない澎湖探索ツアーの数々。

Sea activities

title

海上活動 SEA ACTIVITIES

In the style

title

建築と集落 In the style

experience

title

親子探索 Parent-Child Activies

Ecological

title

地質生態 Geological ecology

sea activites 海上活動

title
クマノミとダンス

海上活動

クマノミとダンス

ガイド形式によるシュノーケリング体験を通して海と環境保護に関する知識を授け、海の中を泳ぎながら正しい知識を身に付けられます。

深海からの手紙

海上活動

深海からの手紙

1対2のエスコート式潜水体験で、魚群やサンゴを通して澎湖の海底の美しさに触れ、海底に潜ってポストに海中からの手紙を投函できます。

一線の縁

海上活動

一線の縁

海釣り、岸釣り、夜釣り、竿を手にしたら飽きることもありません。

澎湖湾航行

海上活動

澎湖湾航行

白亜の船に乗り、帆を張って沖に出て、潮風をいっぱいに浴びる。船上の人となって岸を離れ、大海原を行く帆船の旅に出発。

IN THE STYLE 建築と集落

title
漁翁島探索

建築と集落

漁翁島探索

馬公本島とつながっている中屯、白沙、西嶼、小門は、通樑古榕、跨海大橋、鯨魚洞、二崁古厝、西台古堡、西嶼灯台といった景観スポットで有名。

媽宮城

建築と集落

媽宮城

媽宮城はかつて澎湖の政治経済の中心、最も早期に開けた古い街道で、昔に栄えた店舗、忘れられた古跡、台湾で最も古い媽祖廟が、歳月が残してくれた歴史を静かに語っています。

城門城門幾丈高

建築と集落

城門城門幾丈高

台湾で最も遅くなって建てられた城址であり、媽宮城跡地(国定古跡)で今に残っているのは順承門だけです。馬公港の美景を眺望したければ、順承門の敵楼に登るのが最適です。

塔型石敢當

建築と集落

塔型石敢當

澎湖の石敢當は、数、形式、材料、碑文の複雑さという点で台湾一です。暮らし方、環境条件、鬼神信仰により澎湖独特のスタイルと特色があります。

Parent-Child Activies 親子探索

title
海底世界

親子探索

海底世界

潮が引いたときにできる潮間帶は、光と養分が豊富なので、生物の種類が多いので、豊かな潮間帶の生態を通して大自然に触れてください。

光を携えての探索

親子探索

光を携えての探索

夜になると、魚、エビ、貝、カニ、そして夜行性の生き物が餌を探しに出てきます。夜は生き物の動きが鈍いので、光を携えて探索に出かけましょう。

ヨイショ~魚取り

親子探索

ヨイショ~魚取り

「牽罟」は地引網を使った漁獲作業であり、網目は約2センチ、長さ数百メートルに及ぶので3、40人の協力が必要です。

抱墩

親子探索

抱墩

「抱墩」は澎湖独特の漁法で、潮間帯に石を重ねて囲み壁を築き、魚の修正を利用して行う魚取り。自然を破壊せず、材料もその場で調達できる方法です。

Ecological 地質生態

title
古い街並み

地質生態

古い街並み

「咾咕石」はサンゴが死んで形成された石であり、昔の澎湖では玄武岩と咾咕石が主な建材だったので、民家の囲いや古い家はいずれもサンゴで建てた豪邸ということになります。

モーゼ海を分かつ

地質生態

モーゼ海を分かつ

海水がゆっくりと左右に分かれると、中間に丸石の道が出現します。海の下からだんだんと現われてくる奎壁山までの歩道は、海が二分される独特の光景です。